大阪市港区の赤丸食堂の大盛りメニュー

大阪市港区の赤丸食堂

赤丸食堂の情報

近くに仕事で来た際に、ふと目に入った、創業は昭和の20年というから、もう70年もやっている赤丸食堂へ久しぶりに立ち寄りました。おそらく、私がここへ来るのも30年振りとかいう話になると思います。

和洋中、なんでも食べることが出来、一杯やったりも出来る、これぞ大衆食堂というお店。

赤丸食堂には懐かしい思い出があります。若かりし頃の私は日雇いの現場アルバイトをしながら、バンド活動に明け暮れてました。その頃に、今の私ぐらいの歳のおっさん達に連れられて、時々出入りしていたのがこの赤丸食堂だったのです。

私が今住んでいる家の隣も食堂だったぐらい、当時は、赤丸食堂に限らず、こんな感じの「大衆食堂」が各町に一つや二つ必ずありました。

若い頃の大食いの私でも、2000円もあればお腹いっぱい飲み食いが出来て、おっさん達と他愛もない話を肴に笑ってたことを思い出します。

大阪市港区の赤丸食堂

ひっさしぶりの赤丸食堂、あったりまえでしょうが、多分改装されて、どこかの社員食堂みたいな明るい雰囲気。昔はもっと薄暗くてレトロな食堂だった記憶。

赤丸食堂 メニュー

和洋中、メニューの数は大げさではなくて星の数ほどあって、全てを網羅するのは間違いなく、もう私には不可能なのが悲しいです。

特ランチ定食 通称特ラン

大阪市港区の赤丸食堂

画像が「特ランチ定食」通称特ランと呼ばれる赤丸食堂の定番メニュー。

・なつかしナポリタン
・ボンレスハム
・手ごねハンバーグ
・目玉焼き
・特選豚のトンカツ
・特製ポテトサラダ
・ライス
・みそ汁
・漬物
・小鉢

ランチと付いてますが、夜にも特ランは食べることが出来ます。

天保山チキンカツ

大阪市港区の赤丸食堂

そして、若者にチャレンジして欲しい「天保山チキンカツ」、超大盛りです。天保山は、日本一低い山として有名になったご近所の地名。チキンカツ界の天保山は低くはありません。

実は、これらの定食の写真が撮りたくて、若者を伴い、一週間に二度目の赤丸食堂の画像です。

大阪市港区の赤丸食堂

ちゃんとお持ち帰りのパックを用意してくれるんで、安心して食べ残しましょう。

ラーメンにうどん

大阪市港区の赤丸食堂

ラーメンにうどんは大衆食堂の定番中の定番。画像は、あげの大きさが半端ないきつねうどん。最近復活したらしい、カレーうどんも是非!

鍋から丼ぶりまで、本当になんでもあります。

赤丸食堂への地図

交通機関ではアクセスしずらく、駐車場も無いので近所のコインパーキングを利用することになります。

営業時間:11:00~22:00
定休日:水曜日 第2第4火曜日
電話:050-5592-6288


スポンサードリンク


コメントを残す