大阪のおすすめ 沖縄 奄美大島の郷土料理の店

大阪の沖縄・奄美 郷土料理の店

沖縄・奄美の郷土料理について

沖縄・奄美の郷土料理と言えば、やっぱりにがうりやパパイヤなどの沖縄野菜、そして豚料理の数々に海の幸、さとうきびにフルーツ、他、私たちが暮らす内地の食材とは、ひと味もふた味も違う食材を使った料理が、好き者達を楽しませてくれるのです。

今でこそ、沖縄料理に使う食材もスーパーで手に入るものが幾つかありますが、色んな意味で、家庭では再現が難しい料理でもあります。

そんな感じで、沖縄・奄美大島のお店に足を運ぶのは私だけではないということが、南の島の飲食店の人気ぶりを見ていると感じますね。

特に私にとっての奄美の店は、同じ郷土の友人知人だったり、シマ唄仲間だったりと親しくしている店も多く、贔屓にする店が多いです。

こうして改めて纏めてみると、大阪近郊にも結構な数の沖縄・奄美の郷土料理を食べさせる店があるものだと、そして足繁く通う自分にも驚いてしまいます。

無性に南の島ごはんが食べたくなった際、必ず今いる場所のご近所に沖縄・奄美の店があるという大阪は、私の様な好きな者にとっては、かなり幸せな環境だなとつくづく思います。

今回の投稿では、今まで紹介した店も含めて、私が足を運ぶ沖縄・奄美の店を纏めてみました。あくまでも、「私にとって」で選んだ店なので、「二度と行かない」と思った店は書かないし、縁がなくて「まだ行ったことのない店」も沢山あります。お店はこれからも増えるでしょうし、削除するかもしれません。眉唾で御覧ください。

奄美郷土料理

奄美郷土料理

奄美大島の郷土料理を辿って行くと、島唄をはじめとする芸能文化だけでなく、食文化もまた内地と沖縄の境目にあることを感じます。

基本的に食材は南の島のそれなので、豚料理やチャンプルー系も定番メニューとしてありますが、鹿児島で良く食べられる鳥料理を始めとするメニューなどもあったり、なんと言っても近年はメディアでも度々紹介される「鶏飯(けいはん)」は一気に奄美大島の郷土料理としてメジャーな逸品となりました。

これから紹介する奄美の店でも、もちろん鶏飯を食べることが出来ます。

こちらの 鶏飯の記事 も是非!

てぇげてぇげ食堂 きゅらむん【大阪伊丹】

私が奄美で暮らしていた頃の同級生が切り盛りするお店。

彼の島愛はかなりのもんで、プロ・アマ問わず、島関係の唄者の出入りは多く、定期的にライブも行われています。

●最寄り駅:阪急伊丹 JR伊丹
●電話番号:072-778-0188
●住所:兵庫県伊丹市中央1-9-11 池信第二ビル1階
●定休日:不定休
●営業時間:17:30~23:30

大阪伊丹の奄美料理 てぇげてぇげ食堂 きゅらむん

美ら島真心(チュラシマ マゴコロ)【都島区】

頑張ったら自宅からは歩いて行ける距離にあるお店。ママさんは奄美民謡武下流師範の榮百々代さん。各地で島唄を唄って歩く、筋金入りの唄者です。

ということで、島唄は真心が得意とするところ、定期的にライブもあるし、店に行けば三線の音が聞こえる楽しい店です。

●最寄り駅:地下鉄谷町線都島から徒歩10分ぐらい
●電話番号:06-6786-4789
●住所:大阪市都島区都島本通3-3-29
●定休日:水曜日
●営業時間:18:00~24:00
●公式サイト:https://magocoro-amami.com/

奄美大島の郷土料理 都島 美ら島真心(チュラシマ マゴコロ)

わんとケンムン【福島区】

女性だけで切り盛りする、家庭的な雰囲気の中、奄美直送の素材を使った料理を落ち着いて満喫することが出来ます。話せば長くなるので、書きませんが、こちらも何かと縁のあるお店。

故郷、奄美の瀬戸内町で育てている、奄美産の近大養殖マグロはおすすめです。

●最寄り駅:JR環状線 野田 地下鉄千日前線 玉川駅から10分ぐらい
●電話番号:06-7182-2507
●住所:大阪市福島区野田5-2-3
●定休日:月曜日
●営業時間:17:00~24:00

野田 奄美郷土料理のわんとケンムン

ハイビスカス【京橋】

ハイビスカス【京橋】

大阪を代表する繁華街の一つ、京橋の商店街の中にあるハイビスカスです。店内にはステージもあって、週末には沖縄・奄美系のライブが行われます。

ハイビスカスでのステージは当然ですが、あちこちで徳之島の唄を披露するママさんは徳之島の唄者の内三千代。

徳之島のことを詳しく知る人は、なかなかレアだと思いますが、奄美諸島の一つに数えられ、その文化は奄美の物と酷似しています。

奄美大島の料理も徳之島も同じよう状況ですが、店の看板やメニューには、沖縄・奄美などと書かれていることが多くて、情報誌や情報サイトでも沖縄料理のカテゴリーなのが縁者にとっては、なんだかなと思うのです。

ハイビスカス【京橋】

画像は徳之島と言えばというメニューの ポークたまごおにぎり。沖縄にもありますが大好物です。

●最寄り駅:J京橋駅から5分ほど
●電話番号:06-6928-0730
●住所:大阪市都島区東野田町5-7-2 岡本ビル2F
●定休日:月曜日
●営業時間:18:00~26:00
●公式サイト:http://www.nomo-2.com/hibiscus/

三線カフェ 喜界島【旭区関目】

奄美群島の一つ、喜界島がテーマの「三線カフェ喜界島」です。喜界島をテーマにしているお店など初めて出会いました。

ちっちゃい店ですが、定期的に三線ライブが行われ、いつ行っても三線の音が聞こえる、私にとってはかなり居心地の良い奄美なお店です。

●最寄り駅:京阪関目
●電話番号:06-7172-9434
●住所:大阪市城東区成育4-26-26
●定休日:火曜 水曜
●営業時間:18:00~24:00
●公式サイト:http://cafe-kikaijima.com/

三線カフェ 喜界島で南の島の夜を堪能

島唄ライブ おぼらだれん【難波】

各線なんば駅からのアクセスも良く、ほとんど毎日ライブが行われる関西では貴重なお店です。有名な唄者が来ることも多くて、そんな時はとんでも無い人で溢れます。

まるで沖縄の民謡酒場みたいな雰囲気で、島唄を楽しむことが出来るでしょう。

おぼらだれんと言うのは、徳之島の方言で「ありがとう」の意味です。

●最寄り駅:難波各駅
●電話番号:06-6484-0800
●住所:大阪市中央区道頓堀2-4-7 2f
●定休日:月曜日
●営業時間:ライブ19時30分/21時00分 1日2回 17時~23時30分 金・土・日 ラストオーダー 1:00まで
●公式サイト:http://oboradaren.sub.jp/

難波 島唄ライブ おぼらだれん

沖縄郷土料理

沖縄郷土料理

ゴーヤーチャンプルーを始めとするチャンプルー料理は沖縄ご飯の名前を一気に全国区にしたのは間違いないでしょう。

ゴーヤーだけではなく、南の島の食材を使ったヘルシーで栄養価の高い沖縄料理は、今では日本中で食べることの出来る人気メニューです。ファーストフードさえ、画像のタコライスを始め、沖縄独特なグルメがあるのはご存知の通りでしょう。

時々無性に食べたくなるのが沖縄ごはん。私は自分でも調理しますし、一週間に一度や二度は必ず食べている気がします。

リトル沖縄 大阪市大正区の沖縄料理【大正区】

耳をすませば三線の音が聞こえて来たり、商店街には沖縄食材がたっぷり。駅前には一体何軒の沖縄料理屋があるんでしょうかね。

三線教室もあるし、秋にはエイサー祭りも行われる日本一と言われるリトル沖縄を擁する大正区は沖縄好きなら是非とも訪れたい場所です。

●最寄り駅:JR環状線大正駅
大正駅前界隈にも数え切れない位の沖縄料理の店がありますが、更にディープゾーンの平尾へは、市バスかタクシーでのアクセスとなります。

リトル沖縄 大阪市大正区の沖縄料理

沖縄ダイニング ザイオン【中央区】

大阪では古くからある沖縄ごはんが楽しめる店で、オフィス街にあるので仕事帰りにちょっと、みたいな感じで、昔から海の友人たちと集まる溜まり場の様な店です。

最近は、すっかり訪れる頻度は少なくなってしまいましたが、今でも海の友人たちと集まるのはザイオンと決まっています。

●最寄り駅:地下鉄御堂筋線 京阪淀屋橋から徒歩10分 京阪なにわ橋駅から徒歩5分ぐらい
●電話番号:06-6226-0261
●住所:大阪市中央区北浜2-6-6 クリスタルタワーB2
●定休日:日曜日 祝日
●営業時間:17:00~23:30
●公式サイト:http://achan.homepagelife.jp/

淀屋橋 沖縄ダイニング ザイオン

沖縄料理 島ぬ風(しまぬかじ)【大阪梅田 阪急三番街】

ランチの定食の類がおススメです。アクセスが抜群に良いので梅田界隈にいる際の利用率は高く、使いでのある店です。

●最寄り駅:阪急梅田駅徒歩1分/JR線大阪駅徒歩5分 阪急三番街地下二階
●電話番号:06-6375-7333
●住所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 B2
●定休日:阪急三番街に準ずる
●営業時間:月~木11:00~22:00 金・土・日・祝11:00~22:30 ランチタイム: 11:00~16:00

大阪梅田 阪急三番街の沖縄料理 島ぬ風(しまぬかじ)の沖縄そば

沖縄SOULFOODじゃむ【阪急東通 お初天神裏参道】

美味しい料理、気持ちの良い接客、居心地の良い店内、ワンランク上の沖縄料理とサービスを堪能できるお店です。

沖縄料理の店としては、大阪近郊では一番たくさんの★をあげたいと思うお気に入りなお店です。

これで三線のライブなんかがあればもっと最高なのにと思うのですが、、、

●最寄り駅:大阪梅田各駅からアクセス
●電話番号:06-6809-6520
●住所:大阪市北区曾根崎2丁目10-6-2F
●定休日:不定休
●営業時間:月火水木日祝 17:00〜0:00 金土祝前日 17:00〜3:00
●公式サイト:http://soulfood-jam.com/

お初天神裏参道の沖縄SOULFOODじゃむ

レストランOKINAWA【大阪駅前第3ビル】

レストランOKINAWA

たくさんの飲食店が集まる駅前ビルにある沖縄料理のお店「レストラン沖縄」です。出入りの激しい駅前ビルの中にあって、オープンは1997年というので、長く頑張ってらっしゃるということですね。

レストランOKINAWA

沖縄メニューは一通り網羅してあって、私のソウルフードの一つ、見かけることの少ないスーチカなどもあるのが嬉しいメニュー。

レストランOKINAWA

その他「オリオンセット」はなかなかのコストパフォーマンスの高さです。好きなドリンク一つに沖縄料理の四種盛り、ミミガーにヒラヤーチ、もずく天とアーサー天が付いて1000円ポッキリです。

●最寄り駅:大阪梅田各駅
●電話番号:06-6344-4567
●住所:大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル B1F
●定休日:日祝
●営業時間:月~金 11:30~14:00 17:00~23:00 17:00~23:00
●公式サイト:http://res-okinawa.com/

沖縄料理 しーさ【大阪梅田 茶屋町】

茶屋町のアプローズタワーの地下1階にあります。ランチもやっているので、昼夜問わず、沖縄料理を楽しむことが出来る良店です。

●最寄り駅:大阪梅田各駅
●電話番号:050-5590-2823
●住所:大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー B1F
●定休日:年中無休
●営業時間:ランチ 月~金 11:00~15:00 土日祝 11:00~17:00 ディナー 17:00~23:00
●公式サイト:https://www.okkinawa.co.jp/

茶屋町の沖縄料理しーさ

沖縄キッチンテリトリー【大阪駅前第一ビル】

大阪駅前ビルは沖縄料理を食べれるお店が幾つかあります。(大阪梅田まで広げると何十店舗?あるか判りませんね)

そんな中の沖縄キッチンテリトリー。大阪市内で幾つもの沖縄料理を出している展開している中の一店舗で、女性ウケする雰囲気にメニューがたっぷり有るので、女史を誘っての沖縄料理ならこちらはおススメです。

●最寄り駅:大阪梅田各駅
●電話番号:050-5593-6433
●住所:大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビル 1F
●定休日:年中無休
●営業時間:17:30~24:00
●公式サイト:http://territory.okinawa/shops/

沖縄キッチンテリトリー 大阪駅前第一ビル店で女性に人気な沖縄空間満喫

はながさ【十三】

サラリーマン御用達の飲食街十三、そんなディープな街角にある沖縄料理屋がはながさです。そんな街ですから、メニューはリーズナブル!

そして、なんと言ってもはながさは立ち呑み沖縄料理やだということ。これはなかなか珍しい営業スタイルでしょう!

二階はカウンターとテーブル席があって、座ってのんびり出来ます。

●最寄り駅:阪急十三
●電話番号:06-6886-0006
●住所:大阪市淀川区十三本町1-2-13
●定休日:月曜日
●営業時間:16:30~24:00

十三 はながさの沖縄料理

ナンクルナイサ きばいやんせー【大阪西梅田 ヒルトンプラザイースト】

ナンクルナイサ きばいやんせー

ヒルトンプラザイーストのB2F、こちらのお店は沖縄料理だけでなく、九州の美味しい物が揃った、そんな感じのお店です。

これだけ沖縄かぶれをして、あちこちの店に足を運んでるけれど、まだまだ知らない店があることが嬉しいのは間違い無い話。

近頃、つくづく便利だなと思うのが、たとえばランチ時間。今日は何食べる?となった際に「ソーキそば」が食べたいと思ったら、梅田界隈だけでも何件の店があるか、おそらく梅田界隈の何処に居ても、5分もかからずに店にはたどり着けるでしょう。

ナンクルナイサ きばいやんせー

ラフテー丼やゴーヤチャンプルーなどにもいつも気を取られますが、ソーキそばが私はやっぱり大好きです。

ナンクルナイサ きばいやんせー

沖縄ソーキそばランチは、ソーキそばに小鉢とご飯には明太子もついてるかなりのボリュームで満腹間違いなしの人ひと品ですね。

●最寄り駅:大阪梅田各駅
●電話番号:06-6344-8101
●住所:大阪市北区梅田1-8-16 ヒルトンプラザイースト B2F
●定休日:年中無休
●営業時間:11:00~15:00 17:00~23:00
●公式サイト:無し

スポンサードリンク


コメントを残す