三線の弦の結び方

三線の弦の結び方

三線の弦の話

三線を入手した際は当たり前の様に糸(弦)が張られてあると思いますが、遅かれ早かれその糸は切れたり、古くなったりすることで、必ず張替えと言う作業が必要になります、これはもう必ずです。

ギターなど他の楽器に比べると、三線の弦が切れることはそれほどありませんが、それでも、沖縄三線に比べて強い弦の張りをする奄美三線などは、結構な頻度で弦は切れるものです。

張り替えている途中に切れてしまう不良品?の様な弦も時々あるし、予備の弦は必須です。

弦の張替え時期

絶対に○ヶ月に一度は交換しましょう、みたいなルールはありません。

毎日弾く人と、週末しか触らない人と比べると、弦の消耗度合いはいわずもがな。

弦が切れたりしたら、交換が必要なのは当然のこととわかりますが、毛羽立ったりささくれが見えたりしたら、もう交換時期です。遅かれ早かれその弦は切れてしまいます。

私の弦の交換時期なども、切れたら交換、ライブや発表会などの前に交換、そんなサイクルです。

既に書いた通り、弦は消耗品なので、常に予備の弦を手元には置いておく様にしましょう。

楽器屋に行けば弦は購入できる、というものでは無いのがマイナー楽器の三線の辛いところです、大阪に住む私でも、わざわざ出かける必要があるぐらいなので、地方都市だと更に入手は困難だと思います。

そういう際は通販を利用するしか無いワケで、インターネット様様ですね。

そんなワケなので、三線教室などに通って居れば、そこでも弦をはじめとする消耗品は購入出来る所が多いですね。

いずれにせよ、常に何セットか用意しておくのが唄者の心得です。

私は、日頃からメンテナンス他でお世話になっている三線工房の清村さんとこへ出かけた際に購入するか、大阪市内でも、天六のとぅるるんてん、福島の佐々忠ぐらいしか三線屋は思い浮かびません。

ご近所へ行った際には立ち寄って、奄美弦・沖縄弦ともに、最低3セットは常に手元にある状態にしています。

また、たとえば人前で演奏したりする際にも、少し前に張り替えて置くのが良いです。張り替えてすぐの弦は、伸びるのでちんだみ(チューニング)も安定し辛い傾向があるからです。

弦の張り方

沖縄三線に奄美三線、弦の違いはあるものの、結び方、巻き方は同じです。

三線の弦の結び方

唄口に対して赤い矢印の様に、真っ直ぐに伸びるのが理想的な弦の巻き方です。

理由は知りませんがが、あまり斜めになってしまうのはよろしくないみたいで、見た目だけでなく、唄口に負担がかかる?カラクイが緩む?もしかするとそんな理由なのかもしれません。

三線の弦の張り方

巻いた弦が端っこに接触すると、カラクイを押し込んで止める障害となって、糸が緩む原因となってしまいます。

特に一番太い弦(沖縄では男弦、奄美では3番)は注意する必要があります。

糸掛けと弦の結び方

幾つかの方法を教えてもらいましたが、最も簡単だと思うのが以下の結び方。

糸掛けと弦の結び方
1.糸掛けに下から糸を通して

糸掛けと弦の結び方
2.通した弦を弦の後ろから回して輪っかを作ります。

糸掛けと弦の結び方
3.更に通した弦をつまんで輪っかを作って

糸掛けと弦の結び方
4.先に作った輪っかに通して、長い方を引っ張れば出来上がり。弦を外す際は、短い端を引っ張れば簡単に解くことが出来ます。

余談となりますが、糸掛けも結構頻繁に交換する方が良いと言う方もいるみたいですが、私などはティーガーを交換したりする際に、気が向けば色を合わせて交換するぐらい、数年に一度です。

糸掛けは数百円のものですが、古いものと新しい物を並べて比べでもしない限り、一年や二年では劣化に気が付かないぐらい、丈夫なパーツです。

膝に乗せて常に摩擦にさらされているティーガーのほうが、よっぽど消耗が激しく定期的に交換しますね。

数万円もする本革やハブの皮、大島紬、色んなティーガがあって、物欲が刺激されて仕方ありません。

外したカラクイも注意

三線の弦の結び方

糸を交換する際に外したカラクイも、混ざってしまわない様に注意しましょう。

糸を通す穴が弦によって微妙に調整されて違っているので、例えば女弦のカラクイを男弦へ持ってきたりすると、巻いた弦がカラクイを押し込む障害となって糸の緩む原因になってしまうこともあるのです。

弦の張り方のまとめ

はっきり言って、少し面倒だという程度で、三線の弦の張替えなどは慣れればどうってことの無い作業です。

靴紐のちょうちょ結びが出来ない人はなかなか居ないぐらいのもの。その靴紐のちょうちょ結びも、面倒でサンダルを履いたりするワケです、弦の交換などは、そんな程度のものです。


スポンサードリンク


コメントを残す