三線のメンテナンス 保管は三線スタンドで

三線 壁掛けフック

三線の保管 「三線って、どうやって保管してますか?」 と先日、三線教室に新しくやってきた、Nさんから尋ねられました。 結論から言うと、自分の部屋にスタンドなど使って、思い立ったら、いつでも直ぐに手にとって弾くことの出来る […]

続きを読む

初心者の三線の選び方

沖縄 奄美の三線

初めて買った三線の話 上の画像は私が一番最初に手に入れた三線、沖縄三線です。 もう20年ほど前にもなるでしょうか、その頃の私は仕事の都合もあって年に何度も沖縄通いをするようになって、世話になっている沖縄の大先輩のところで […]

続きを読む

三線の楽譜について

三線の楽譜

三線の楽譜 大阪在住の友人たちは、私が三線を爪弾く姿を見ると、必ず色んな質問を投げかけてきます。物珍しいのは間違いないでしょう、三線弾きなど大阪で普通に暮らしていたら、到底、出会うことなどないでしょうから。 「三線の皮は […]

続きを読む

三線の弦の結び方

三線の弦の結び方

三線の弦の話 三線を入手した際は当たり前の様に糸(弦)が張られてあると思いますが、遅かれ早かれその糸は切れたり、古くなったりすることで、必ず張替えと言う作業が必要になります、これはもう必ずです。 ギターなど他の楽器に比べ […]

続きを読む

沖縄三線と奄美三線の型の話

三線の形

奄美三線の形 奄美大島の三線、島唄に付いて好き勝手に書き綴り、弦やバチの違いと言った部分を紹介してきましたが、今回は、奄美・沖縄に関係なく、三線の形について書いて見たいと思います。 >>> 奄美三線のバチ >>> 奄美三 […]

続きを読む

三線のウマの立て方

三線のウマ

三線のウマについて 三線は、ウマと呼ばれるパーツに糸(弦)を乗せて、はじめて音を出すことが出来る弦楽器です。 このウマを三線に設置することを「ウマを立てる」と言って、三線を弾くにあたっては大事な作業の一つになります。 と […]

続きを読む

六線と三線

三線と六線

六線とは 構造はまったく三線と同じですが、読んで字の如く、弦が六本になるので糸巻きも六本になります。 一人で弾いても、合奏している様な広がりのある音が鳴るので、沖縄系の唄者はライブで使っているのを時々見かけることがありま […]

続きを読む

三線の皮の話

三線の皮張

三線の皮の種類は二つ 上の画像は三丁の奄美三線です。 この3本の三線の違いが判りますか? 答えは、真ん中の三線が、本張りなどとも呼ばれる、ニシキヘビの皮を使った、なかなか珍しい「本皮張りの奄美三線」です。(友人のもの) […]

続きを読む

三線のチューニング ちんだみについて

三線のちんだみ

三線もまた弦楽器の一つ、演奏するには、チューニングという作業が必ず必要です。(弦楽器に限らず楽器すべてという話でもありますが) この、チューニングの上手・下手は、三線の腕、そのものでもあります。正しい音を聞き取れずして演 […]

続きを読む

沖縄から伝わった奄美の三線

奄美三線 唄遊び

奄美の三線はどこから来たのか? 奄美の三線が何処から来たのか?という話ですが、まずは三線よりも長い長い歴史が唄にはあったという事です。 伴奏なしの唄、アカペラで唄っていたと言います。今も祭りで歌われる8月踊り唄などは、江 […]

続きを読む

三線(サンシン)について

三線(サンシン)について

沖縄の石垣島出身のミュージシャン「BEGIN」やザ・ブームの「島唄」のヒットなどにより、沖縄音楽?はすっかりメジャーとなり、大阪でも沢山の沖縄音楽や沖縄料理を楽しむことが出来るようになりました。 私達、いわゆる内地に暮ら […]

続きを読む